アジト

A man who is OTAKU is writing this BLOG.
The content is a MANGA, and a VIDEO GAME, etc.
OTAKU is wonderful!! Yeah!! Ha-Ha-Ha!!
Sorry, please relax slowly.
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト
Category : -

一定期間更新がないため広告を表示しています

 コメント 0 トラックバック 0 パーマリンク このページを行き先登録
大帝の剣
Category : 映画感想
ぅおもしぅれーーー!!!

夢枕獏氏原作の同名SF小説を映画化。オリハルコンと呼ばれるドラクエ好きならすぐにピンと来るであろう金属から生まれた、いわゆる三種の神器を巡るSF時代活劇。江戸時代初期、大阪の陣で破れた真田の一派だとか、天草四郎とかが話に巻き込まれる。

大帝の剣と呼ばれる刀身が異様に長い剣を操る主人公・万 源九郎(よろず げんくろう)を演じる阿部寛氏が、この上なく格好良かった。衣装を含めた立ち居が素晴らしく、すらりと伸びた剣を構えるカットの収め方なんかは、ツボを押さえられていて堪らなかった。痺れる。

堤監督と阿部氏の「トリック」な組み合わせは安直かと思ったけれど、源九郎はかなりのハマリ役で、源九郎の豪放磊落な性格や、アクションシーンでの暴れ方なんかを見てると、とても阿部氏の実年齢が42歳とは思えないほど。流石は、ケンシロウまでもこなしてしまうことだけはある。失礼だけれど、まさに遅れてきたアクションスター。若手の不在を危惧してしまうぐらい、そのスター性は抜群だ。

「面白ければいい!」というのを公言しているだけに、脇役俳優陣も熱い個性的ドリームメンバー。堤監督流の料理で、相変わらず抜け目のない完成度。どの俳優が好きな人でも楽しめる。個人的なところでは、牡丹こと天草四郎を演じた黒木メイサ嬢のビジュアルが、源九郎に次いで良かったと思う。知らない人だったので興味が湧いた。機会が有れば他の作品も見てみたい。一点だけどうにも切ないのが、六平直政氏。氏も先入観通りの役所なんだけれど、正直、あの色物モンスターは見てて切ない。他に適役な役者が居ないのもさらに切ない(笑)

堤監督のドラマは好きだけれど、映画はイマイチな印象があった。でも、今回それは感じなかった。堤流なカットも健在なので、別に何が変わったっていうわけでもない。武侠っていう分かりやすいテーマだったから、すんなり入っていけたのか。それとも、原作を知らず、ドラマ→映画という形でもなかったから、純粋に楽しめたってとこがあったのか。そう言えば、武侠みたいなタイトルは、堤監督の作品では無いように思う。チャン・イーモウが「HERO」を撮った時みたいなノリか。

CG使いまくり、アクションでは飛び放題。色々と遊びを盛り込んでいるので、「面白ければいい!」の名の下に、金を使いすぎなんじゃないかと邪推。脱線しまくりだけれど、兎に角、堤印で普通に楽しめる作品には違いない。冒頭の「ぅおもしぅれーーー!!!」は、源九郎のセリフ。アララーアララララララー。

<鑑賞ポイント>
・万 源九郎
・黒木メイサ
・アララー
・幼少時代の源九郎(黒人)



大帝の剣公式サイト



大帝の剣1 <天魔降臨編> <妖魔復活編>(左)
大帝の剣2 <神魔咆哮編> <凶魔襲来編>(中)
大帝の剣3 <飛騨大乱編> <天魔望郷編>(右)
 コメント 118 トラックバック 19 パーマリンク このページを行き先登録
鉄コン筋クリート(映画)
Category : 映画感想
鉄コン筋クリート オリジナル・サウンドトラック
鉄コン筋クリート オリジナル・サウンドトラック

シロクロ付けられない人間という生き物。

クロとシロはいつも一緒に居る。親も家もない少年二人。クロの持たないものをシロが持ち、シロの持たないものをクロが持つ。そんな関係の二人。彼らは宝町を住処にし、日々その町の平和を守っていた。しかし、目の前で変化していく宝町の中で、二人の生活にも変化が訪れた。

冒頭は目まぐるしいアニメの連続。完成された宝町の存在感は、目を瞠るものがあった。昭和の日本のようで無国籍なその世界。松本節が良い。「千と千尋の神隠し」に代表されるようなビジュアルが好みの人には堪らないはず。日本が誇る世界観だ。キャラクターの躍動感も堪らなく良かった。小路を走り抜ける視点や、宙に浮いたり、動物のように建物を登っていく姿には痺れを覚える。アニメにしか出来ない演出、設定を忠実に、完璧に作り出している。この点だけでも、DVDを買いたくなってしまうが、その他、細かな演出にもニヤリとしてしまう部分が多々あり、素人解釈だが、このアニメは最高峰レベルだと言える。

松本節による語り口、哲学的な登場人物たち。肉体的、精神的に残酷な部分も見せるので、アニメという括りで観るには耐えられない部分があるかもしれない。子供は観ない方が良いとは言わないけど、刃物が直接肉体に突き立つ部分もある。その辺の描写の線引きが、ちょっと中途半端だったのは残念。イマイチ分からない制限規定の所為だったのかどうかは分からないけど、隠している(描かなかった)部分と、隠さなかった(描ききった)部分の差が、僕には中途半端に見えた。

キャラで印象に残ったのは、ネズミこと鈴木。くたびれたヤクザの雰囲気が良かった。ネズミのセリフで印象的に登場したのが「愛と誠」。登場する人物は、誰しも「守る」という点で一致している。「愛と誠」の世界だけれど、終盤に掛けての場面、クロが「力」に支配されそうになり、まさに「黒」の存在になろうとしていく場面、その件はどうでも良かった。精神世界をアニメで描くこと、僕は正直言って見たくない。「エヴァンゲリオン」で十分。こういう部分を特に持て囃したり、逆に僕のように蔑んだりするのはオタクの証拠かもしれない。と、こんな話や、哲学的な話が行き過ぎると収拾がつかなくなるので中止。ネズミのセリフのようなクサい世界で良い。

クロとシロ、陰と陽、一心同体、太極図のように見える2人だけれど、僕は、二人三脚であって、彼らは対等だと思う。確固としていながら、不安定な少年さを見せる二人。彼らを見届けて欲しい。シロ役・蒼井優の声優力は半端じゃなかった。

「ピンポン」、「青い春」、そして「鉄コン筋クリート」と、特に意識してなかったけれど、松本大洋原作映画は全て観てるんだな。

鉄コン筋クリート(マンガ)の記事はこちら。
 コメント 2 トラックバック 32 パーマリンク このページを行き先登録
ウルトラヴァイオレット
Category : 映画感想
ウルトラヴァイオレット デラックス・コレクターズ・エディション
ウルトラヴァイオレット デラックス・コレクターズ・エディション
ミラ・ジョヴォヴィッチ

「バイオレットじゃない。ヴァイオレット!」
byミラ・ジョヴォヴィッチ


映画「リベリオン」で“ガン=カタ”を編み出し、天下を獲ったカート・ウィマー監督の作品。オープニングにアメコミライクなアニメの演出を使ったり、殆どのシーンでCGを使ったりなど、まるでゲームのような作りの映画だった。

主人公ヴァイオレットを演じるは、僕の中でアクション女優のイメージが定着してしまったミラ・ジョヴォヴィッチ。衣装の所為もあるんだけれど、終始、腹が気になって仕方がなかった。腹だけ出てるんで腹にしか目がいかない……ので、腹筋をまず語るけれど、折角のアクション映画なんだから、クッキリ割れた腹筋の方が見た目も良いんじゃないかと思う。まあ、そんなムキムキなミラは見たくないんだけれども。腹が冷えそうなので、バカボンのパパライクな腹巻きをプレゼントしたくなった。

空間から武器を取り出すなど、SF設定がなかなかオタク臭くて面白い。ヴァイオレットが主に使う武器は、メリケンサックライクな形状のハンドガンと、鍔の無い直刃のブレード。ハンドガンの弾の充填は、「ジョジョ」のミスタよろしく手首から行うのだが、手首にはブレスレットが巻かれており、そのブレスレットには、これまた「ドラえもん」の四次元ポケットよろしくな“穴”があって、そこから弾が次々と飛び出して銃に吸い込まれていく。次元圧縮技術とかなんとか。すげえ。また、弾に限らず、武器自体も膨大な量がストックできるようだった。すげえ。これで無限ファイトみたいなものをやったら、かなり面白そうだと思ったのだけど、カットされたのか撮ってなかったのか、劇中ではそういったシーンが無かったので残念無念。700人の敵が役立たず。

それらの他、CGをこれでもかと使い、重力を無視させるとかなんとかで、バイクをビルの壁に沿って縦横無尽に走らせた。まさにゲームチックで、発想が熱い。「犬狼」のケルベロスよろしくな兵士も出てきたり、監督のオタク臭さがかなり感じられた(「リベリオン」の黒フルフェイス兵は正直アレだった)。

ストーリーは、「リベリオン」同様もう少しよく分からなかった。今回は母性愛みたいなものを描いたのだろうか。抑圧、差別、反抗というのは、「リベリオン」と激しく似ているので、イメージが被る。ていうか、ベタベタ。いや、高級なストーリーを求める方が間違い。設定も中途半端に強調されてて、枢機卿の鼻栓は出オチって言うか、あれはわざと笑いを誘おうとしているのかなんなのか(館内の客はごく僅かで誰も笑っていそうになかったが)。まあ、色んな意味で笑えないんだけれども。

僕の好きなタイプの映画なのだが、もう少し何かスパイス的なものが欲しい。「マトリックス」の様に壮大にまとめ上げろとは言わないし、それが良いとも悪いとも思わないけれど、やはり「マトリックス」には及ばない。この辺の違いについては評論家に任せるとして(語る人が居るかは知らんけれども(笑))、ミラ演じるヴァイオレットというスーパーヒーローが生まれたことに歓喜しよう。

暗闇のラスト、「スターウォーズ」のライトセイバーよろしく炎を纏ったブレードで斬り合うシーンは、映画界に残る名シーンになるであろう、なんていい加減な予言を残して終了。監督へ。次回作ではもう少しまともに主人公と戦えるライバル、若しくはラスボスを用意して下さい。頼むから。

ウルトラヴァイオレット(公式)
 コメント 2 トラックバック 0 パーマリンク このページを行き先登録
| 1/1PAGES |
About

書いている人:つぐ
Wiiばんごう:
2715-6875-3441-9492

AGITO:since 2006.9.1
Thanks:
Manga List
クリックでオープン
Categories
                
Comments
Trackbacks
                
Links
Archive
Search
Others
みんなのブログポータルJUGEM(じゅげむ)