アジト

A man who is OTAKU is writing this BLOG.
The content is a MANGA, and a VIDEO GAME, etc.
OTAKU is wonderful!! Yeah!! Ha-Ha-Ha!!
Sorry, please relax slowly.
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト
Category : -

一定期間更新がないため広告を表示しています

 コメント 0 トラックバック 0 パーマリンク このページを行き先登録
セクシーボイスと田中3号
Category : テレビ
セクシーボイスとロボ

セクシーボイスアンドロボ」。なんて言うか、狙ってるな〜みたいなポイントが多いんだけれど、しかし、このコンビ、つるっとしてるよなあ。弥生っぽいって言うか。ビジュアルが良いと思う。大後寿々花ちゃん(13)からは、若さがビンビンに伝わってくるね。青春。

その母親役・片桐はいりを改めてまじまじ見ると、改めてナンチャンに似すぎてて笑えてしょうがない。その父親役は、監督でもお馴染み塚本晋也。キャスティングがごつい。で、肝心の演出は、ドラマ金田一以下に連なる作品を手がけた日テレドラマの顔・佐藤東弥氏。濃い。しかも、原作が黒田硫黄だったとは。濃すぎ。


車窓に目を輝かす女

さて、先週の「特急田中3号」も見ましたよ。いきなりヒロインの栗山千明嬢(だったのか?後ろ姿なので詳細不明)がパンモロ(電車絵プリント)するのには面を食らったけれども、やっぱり「ホン」がないと厳しい感じ。1話だけの感想だけれど、堤さんとかクドカンに有るようなものが無い。キャスティングに雰囲気はあるかもしれないが。栗山嬢との絡みが、冒頭とラストしか無かったのも怠かった。OLな雰囲気の栗山嬢はなかなか新鮮だ。

カメオが熱い。タモリ倶楽部の鉄企画でお馴染み、ホリプロマネージャー・南田祐介氏や、車掌DJでお馴染み、SUPER BELL"Z の野月貴弘氏が登場。流石、磯山P。思いつき(?)で、今、最も熱い鉄(テツ)をテーマにしただけはあると思う。野月氏は劇中のカラオケシーンで車掌DJを披露。ワロた。
 コメント 21 トラックバック 0 パーマリンク このページを行き先登録
鉄(テツ)がブームの兆しらしい
Category : テレビ
特急田中3号
TBS系4/13より毎週金曜夜10時放映

春の新番組、「鉄子の旅」がアニメ化するのに続き、鉄(テツ=いわゆる鉄道オタク)を扱ったドラマが始まるとか。「池袋ウエスト(以下略)」とか、「木更津キャ(以下略)」とかの、例のTBS金10ドラマでお馴染み磯山プロデュース作品。スタッフも同系統でよく名を連ねる人たちばかり。まあ、雰囲気は大体分かるよな。

ドラマの説明を見てると、次のような説明が。
かつては「鉄道マニア」「鉄道おたく」と称されてきた彼らも最近では、全日本9,800駅を下車した超「テツ」(鉄道マニアの愛称)が話題になったり、「鉄子」なる「女性のテツ」の存在がクローズアップされたりして、話題を呼んでいる。

最初の文はおそらく横見氏のことだろうし、次の文はモロ「鉄子の旅」(「鉄子」の呼称は「鉄子の旅」から転じたもの)。色々と参考記事はこちら

で、磯山Pのコメント。
今まで出会った「テツ」の方たちをきちんと理解できたことは一度もないのですが、「テツ」が鉄道について語るときの幸せそうな顔は常に彼らに共通しています。こんなに愛する対象がある人々は幸せだし、きっとそこには何か大きな魅力があるに違いない、と思い企画しました。

「テツ」を理解できてないんかい!(笑)

まあ、こんなところに筋を求めても仕方ない。

主演のKAT-TUNはどうでもいいんだけど、ヒロインが栗山千明嬢(メーテルて)。サイトの画像などからは、なんかすごく落ち着いた感じを受けるんだけど、どうなんだろう。とりあえず見てみようと思う。
 コメント 0 トラックバック 0 パーマリンク このページを行き先登録
春の特番を見逃す男
Category : テレビ
ふしぎ発見1000回記念は見逃すわ(1000回自体も見てなかった。昔からのお気に入り番組だったのに…)、荒川静香がイナバウアーを披露したサザエさんは見逃すわ、見ようと思ってたのにとことん忘れてる。ていうか、再セットアップした際にキャプチャーボード外したまんまで、面倒臭いからってほったらかしにしてるんじゃ録画できねーよ。んがんぐ。

昨日の話。速水(HAYAMI-ZU)氏のズラドラマ(byにしおかすみこ氏(ブログの文章は意外と普通(?)の女性)。この文、カッコ多すぎ)が終わった頃を見計らい、ふとチャンネルをスマスマに合わせたら、キャメロン・ディアスとジュード・ロウの姿が画面に映ってた。3/24公開の「ホリデイ」の告知来日か。

キャメロンが日本に来るのは分かるけど、ジュード・ロウが日本に来るのは意外な気がする。しかも、箸使いが結構出来てた。ビストロで一頻り盛り上がった後、改めて日本人の壁を感じる。二人とも今年で35歳。役者にしたらもうコッテコテだろうけど、あの格好良さには到底辿り着けないよな。久しぶりにジュード・ロウが見られて良かった。ファッキン野郎な戸田のおばはんも何故か出てた。


ジュード・ロウなら〜

も良いけど、やっぱり でしょ。
 コメント 0 トラックバック 0 パーマリンク このページを行き先登録
ムーディ勝山よりシンガー板尾派
Category : テレビ
ムーディ勝山が話題?らしいのだけど、今日のエンタを見るまでそのネタを見たことがなかった。YouTubeで探すのも何か気にくわなかったので、それは放置していた。で、エンタを見ての感想。

シンガー板尾は偉大。

こういう芸だったら、シンガー板尾の方が僕は好きだな。ま、ジェネレーションギャップかもね。今の中心世代が知ってるかどうか。


板尾創路の替え歌
http://www.youtube.com/watch?v=w3Ixt6iw5Qg
シンガー板尾のは無いっぽいけどこれも十二分。た〜いしつ♪

ムーディ勝山
http://www.youtube.com/watch?v=AL5jkiurmT0
御存知、件のムーディ。


シンガー板尾
このリンク先はスゴイ。シンガー板尾のMP3とかWMVがある。必聴。
東京コミュニケイション!このフレーズは今でも頭に残ってる(笑)。偉大。
 コメント 0 トラックバック 0 パーマリンク このページを行き先登録
いーじゃん!いーじゃん!スゲーじゃん?!
Category : テレビ
仮面ライダー電王の話ですよ。

ニュースとかになってた時は、ヘッドラインだけ眺めて「ふーん、へー」なんて思ってただけの「仮面ライダー電王」だけど、今週のもえラジ+を聴いて、めっちゃ興味が湧いた(もしリンク先を聴くなら、前半はち○こネタの話をしているので、そういうのがアレな人は15分位経過させてから聴いて)。

なんちゅーか、「電車男」みたいな?全体的にアキバっぽいノリな?特異な感じな?一度見てみたいなあ。特撮愛好家な方たちにどうか訊いてみたら、「録ったけど消したかも」、「ゲキレンジャーは録ってるよ」と言われ、全く別方向のお子様のいらっしゃる方から録ったのあるよと。近いうちに借りられるのかも。ていうか、ゲキレンジャーもなんか面白そうだな。特撮は幼い頃に戦隊物が大好きで見ていただけで、ライダー系は全く興味無かったし、最近の特撮はネタで聞くだけだった。そんな感じ。

なにより、話で聞くところの、喫茶店で讃岐うどんを打つ電王の姉っていうのが見たい。すげー見たい。

とりあえずOPを貼り。


「いーじゃん!いーじゃん!スゲーじゃん?!」が速攻で刷り込まれる。いーじゃん!いーじゃん!スゲーじゃん?!石丸さん@世界の車窓から(;´Д`)ハァハァ
 コメント 0 トラックバック 0 パーマリンク このページを行き先登録
R-1ぐらんぷり 優勝はディラン・なだぎ!
Category : テレビ
R-1ぐらんぷり2007。時期や時間帯が微妙(今年は2/18 16:05〜)なので、今まで一度も見たことがなかった。気が付いたら、「あれ?今年の優勝決まってたの?」てな感じ。今回は見られた。


ヨギータ

チュート徳井氏、ヨギータで決勝進出。えげつない性欲。このネタも、もう完成してるよなー。他、印象に残ったのは、紙コントのウメ氏。天丼絵ネタで、未体験の新感覚だった。今回の中で唯一、他のネタも見たいと思った。


なだぎ武

トリに登場したなだぎ氏。会場にビバヒルのOPが流れ出す。それだけでもう笑いが。


イスに座るディラン・マッケイ

ディラン・マッケイだ。座っている。

満を持してのディラン・マッケイ。今回も絶好調だったけれど、ネタは全体的に高年齢向けだったか。ダンスの件はベタでツボを突かれた。最後まで爆笑。


結果発表。


同点

1位はなんと同点。外国人対決(笑)。審査員による決選投票へ。


勝ったのは なだぎ!

優勝は なだぎ武!

三枝師匠以外がなだぎ。ベテランにようやく光が。なだぎ氏おめでとう!スミス夫人時代から長かったなあ。調べてみたところ、NSC8期生の同期は、FUJIWARA、千原兄弟、バッファロー吾郎。1期上が雨上がり、1期下はナインティナイン。
 コメント 0 トラックバック 0 パーマリンク このページを行き先登録
今更ながら変ホ長調
Category : テレビ
変ホ長調

見ていてモヤモヤした物がありつつ、コメントにはしなかった変ホ長調の服。ブログとかで触れてる人が居たので、思い出したようにモヤモヤを解放するためコメント。赤信号みんなで渡れば怖くない的な精神です。はい。

ドレスやスーツとかしか認めないなんてことは言わないけど、せめてもうちょっとマシな服にして欲しかったな。正装っていうかなんていうか。決勝の、それも全国ネットの舞台に立つんだから、アマとかで割り切って欲しくない部分だけど、全てが計算だったら申し訳ない。
 コメント 0 トラックバック 0 パーマリンク このページを行き先登録
録画しておいたM-1を見た
Category : テレビ
チュートリアル

録画しておいたM-1を見た。結果は既にネタばれされているので、予定調和な番組鑑賞。放送日からこの記事の日付で5日経ってるんで、ここでネタばれしても良いよね。チュートリアルが優勝。チュートリアルが1000万獲得。

チュートリアルが…!

最初の画像で大体察しが付くから、敢えて言うまでもないと思うけどな。まあネタばれされたフラストレーションとでも言うか。まあアレだ。

チュートリアルは審査員7人の満場一致で優勝。パーフェクトは番組初。1回目、2回目と通じて勢いが凄かったし、見ている方も巻き込むこの上ない一体感があった。文句なし。2位だったフットボールアワーもかなり惜しかった。2回目が良かったんだけどなあ。1回目のネタに乗れなかったので、総合するとチュートの勝ち。そんな感じ。

チュートリアルって結構前から居るコンビだと思ってたけど、調べてみたら結成は'98年と、あと2回はM-1に出られるコンビだった。因みに、フットと麒麟はあと3回、笑い飯はあと4回出られる。紳助氏がコメントしていたように、今回は鋭いパンチが殆ど見られなかったため、チュートと決勝のフット以外はなんか爆発してなかったように思う。こりゃあ凄いニューカマーが待たれるな。

チュートリアル優勝おめでとうだからー。ヨギータはここ
 コメント 0 トラックバック 0 パーマリンク このページを行き先登録
森下千里は隣の学区出身だった
Category : テレビ
森下千里

今日のPSは思いっきり僕の地元特集だった。テーマは森下千里の地元ゆかりを行く。森下千里って隣の学区出身だったのか!と、番組を見て思った。画像は、高校時代にバイトをしていたというミスドの店内。後ろでじっと収録を見ている一般客?が気になって仕方がない(笑)

森下千里が名古屋市出身っていうのは知っていたけれど、特に興味も無かったので、今日番組を見て初めてピンポイント地元民だというのを知った。ほー。とりあえず地元タレントは応援しているので、森下氏頑張ってね。因みに、前回の同じ企画では水野裕子が出ていた。バリバリバリューなんかに出ている人。水野氏についてもPSを見て一宮出身だっていうのを初めて知った。水野氏も頑張ってね。
 コメント 0 トラックバック 0 パーマリンク このページを行き先登録
嫌われ松子の一生
Category : テレビ
嫌われ松子の一生 通常版

今日聞いた話、「嫌われ松子の一生」が22時からやるよ〜とのことだったので、「えっ、マジで!?ついこの間やってた映画なのに!?」と、まだ見てなかった割には22時過ぎぐらいに適当にチャンネルを合わせてみた。

あれ?ドラマ?

内山理名って…(´・ω・`)
 コメント 0 トラックバック 0 パーマリンク このページを行き先登録
| 1/3PAGES | >>
About

書いている人:つぐ
Wiiばんごう:
2715-6875-3441-9492

AGITO:since 2006.9.1
Thanks:
Manga List
クリックでオープン
Categories
                
Comments
Trackbacks
                
Links
Archive
Search
Others
みんなのブログポータルJUGEM(じゅげむ)